年代・属性別にみる生命保険の選び方

年代・属性で生命保険の選び方が変わる理由

保険を選ぶ時には、年代や既婚・未婚といったステータス別に、優先するべき種類が異なります。生命保険は、収入・家族構成・住宅状況などに合わせて必要な金額が変わってくるので、万が一の時に備えて自分に合うものを選ぶ必要があります。

20代の生命保険の選び方

就職を機に保険に加入することが多い20代ですが、貯蓄も少なく不安定なことも多い年代です。また、保険の知識があまりなく勧められるままに契約をしてしまうことも。ライフプランに合わせたお金の使い方を考え、バランスの良い家計との両立ができる保険を選ぶと、生活も充実するでしょう。

配偶者がいる場合は、万が一働けなくなったりしてしまった時に心強い医療保険や、夫婦どちらかが先に亡くなってしまった時に、まとまった金額が残せる死亡保険に入っておくと安心です。

30代の生命保険の選び方

30代は独身・既婚にかかわらず、転職・起業・結婚・出産・住宅購入など人生において大きな決断をたくさんする年代。収入の変化・家族構成の変化・住宅の購入といった時期に合わせて、20代で加入した保険の内容も今一度見直してみましょう。

特に出産やマイホーム購入を予定している場合は、お金の使い方にも変化が出てきて、貯蓄を意識し始める方も多くなります。保険料が負担になりすぎないよう、死亡保険と医療保険を優先してバランスを取る必要があります。

40代の生命保険の選び方

自身の健康面や、これからきたる老後について考え始める40代は、保険料が他の年代と比べ最も多くなります。独身者は経済的に頼る相手がいないので、公的保障だけでは心配な方は、万が一働けなくなってしまった場合の保障を手厚くしておくと安心。

働き盛りで子どもにもお金がかかる夫婦は、病気や怪我により長期働けなくなった時の不安も大きくなる傾向が。会社員・公務員・自営業によって、使える公的医療制度も違ってくるので注意が必要です。また家計を支える大黒柱の死亡保障も、家族の生活を一定期間支えることができる金額を算出して検討しましょう。

50代の生命保険の選び方

老後の資金計画について具体的に考える始める必要がある50代は、がんにかかる割合が増え始める年代でもあります。夫婦でがん保険や、将来の介護の必要性についてもイメージしながら、加入すべき保険を検討する必要があります。子どもがまだ独立をしていない家庭は、死亡保険も引き続き手厚い保障にしておきましょう。

また、公的年金の老後の収入の見込み額を把握しておくのも重要。十分な金額ではない場合は個人年金保険への加入もおすすめです。

60代の生命保険の選び方

定年退職をする方と、まだまだ現役で働き続ける方によって、加入するべき保険が違う60代。新たなライフステージを迎えるタイミングで、特にがんや病気・介護といった将来のリスクを想定した費用の確保を行う必要があります。生命保険は、葬儀代など残された家族の負担を軽くするためにも、引き続き加入しておくことがおすすめです。

東京で保険相談サービスを探すなら
顧客満足度を見るべし!

本当に自分に合った保険を選ぶためには、良い保険を紹介・提案してくれる保険ショップへ行きましょう。
自社アンケートでの顧客満足度が高い保険ショップであれば、きっとピッタリな保険を見つけられるはず。
都内の保険ショップ27社を調べた中で、顧客満足度の高い3社を実際の提案内容で比較しています。