20代(独身)

20代独身に必要な保険とは

民間の保険には、大きく分けて「死亡保険」「医療保険」の2種類があります。「死亡保険」は別名「生命保険」とも呼ばれ、一般的には死亡時に保険金が支払われるようになっています。「医療保険」は病気や怪我による入院や手術を受けた際に、給付金が受け取れる保険です。

他の年代と比べると比率は少なくなりますが、20代で生命保険に加入しているのは男性で58.2%、女性で53%と半数を超えています。(参考:生命保険文化センター調べによる平成28年度の生活保障に関する調査 参照URL:http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/provision/8.html)また平均的な月払保険料は男性で12,871円、女性で11,798円となります。(参照サイト:保険市場 参照URL:https://www.hokende.com/life-insurance/age-household/20-single)

これらが民間の保険であるのに対して、「公的保険制度」は国民健康保険や会社で加入している健康保険で、日本国民であれば誰もが加入するよう定められているもの。この保険により、保険適用の医療費の負担が小学生以上は3割で済むようになっています。

また誰もが使える「高額療養費制度」というものがあり、これは医療費がたくさんかかっても1ヶ月あたりの自己負担額が決まっている制度です。年収によって額は変わってきますが、一定金額を超えて医療費を支払った場合は超過分が支給されるようになります。

意外と知らない方も多い「傷病手当」は、長期療養が必要となった場合に加入している健康保険(国民健康保険以外)が所得保障をしてくれるシステム。標準報酬月額(保険料の計算の元となっている給与額)を日割りにした2/3を、最大18ヶ月間受け取ることができます。

今後起こりうる主なライフイベント

結婚

「収入保障保険」は、あらかじめ決められた保険期間中に死亡した場合や重い障害を負ったときに、毎月保険金が受け取れるシステム。万が一の時に家族に経済的な負担をかけないよう、結婚のタイミングで加入する方も多い保険です。

出産・養育費・教育費

先にご紹介した「収入保障保険」に加え、「就業不能保険」も月々保険金を受け取れる保障です。こちらは怪我や病気で、長期間働けなくなった場合に適用。「学資保険」は毎月保険料を支払うことで、まとまった額の学費や子どもの医療費を確保できます。これらの保険は、子どもが生まれるタイミングの加入がおすすめです。

住宅取得

住宅購入の際は、多くの方が金融機関からの融資を受けてローンを組みますが、その際に借り入れの条件として加入することが多いのが「団体信用生命保険」。ローンの契約者が返済途中で死亡などした場合、残された家族が困らないようローンを肩代わりしてくれるシステムです。一種の生命保険と考えていいでしょう。

東京で保険相談サービスを探すなら
顧客満足度を見るべし!

本当に自分に合った保険を選ぶためには、良い保険を紹介・提案してくれる保険ショップへ行きましょう。
自社アンケートでの顧客満足度が高い保険ショップであれば、きっとピッタリな保険を見つけられるはず。
都内の保険ショップ27社を調べた中で、顧客満足度の高い3社を実際の提案内容で比較しています。