30代(既婚)

既婚30代に必要な保険とは

死亡した場合に補償金が受け取れる「死亡保険(生命保険)」と、病気や怪我での入院・手術に備える「医療保険」は、万が一の時生活を守るため手厚いものに加入しておきましょう。30代の死亡保険の加入率は、男性84.1%、女性81.3%と比較的高めです。(参考:生命保険文化センター調べによる平成28年度の生活保障に関する調査 参照URL:http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/provision/8.html)
30代夫婦の1人あたりの平均月払保険料は、13,318円と20代と比べて少し高くなる傾向があります。(参照サイト:保険市場 参照URL:https://www.hokende.com/life-insurance/age-household/30-couple)
マイホーム購入のための貯金や養育費など何かと物入りな時期は、生活の負担にならないような保険料が安い掛け捨てタイプを検討してみてもいいかもしれません。

国民保険や会社で加入している保険などの「公的保険制度」にも、万が一に備えたサポートがあります。一定金額以上の高額な医療費を支払った時にもらえる「高額療養費制度」や、長期にわたって働けなくなってしまった場合に、月額平均給与×2/3を最大18ヶ月受け取ることができる「傷病手当(国民健康保険以外)」など、これらも加味してどのような保険に入るべきか考えましょう。

「遺族年金」は国民年金または厚生年金保険の被保険者が亡くなった際に、生計を共にしていた配偶者が受け取れる年金。受給要件・支給開始時期・金額の計算方法などは決められており、日本年金機構で確認することができます。

今後起こりうる主なライフイベント

出産・養育費・教育費

晩婚化に伴い、初産の平均年齢も30代に移行してきている現代。子どもが生まれたタイミングでの保険の見直しは、とても重要です。まず注目したいのは、死亡・病気・怪我などで収入が途絶えてしまった時に心強い、「収入保障保険」と「就業不能保険」。

「収入保障保険」は保険契約時に決めておいた保険期間中に、被保険者が亡くなってしまった場合、生活費として毎月保険金が受け取れるもの。「就業不能保険」は、病気や怪我で長期就労不可となった場合、月々給付金がもらえる保険です。子どもの養育費や生活費に今後いくら必要となるかを算出し、家族にあったプランを選びましょう。

「学資保険」は子どもの教育費の貯蓄を目的として、決めておいた満期に向けて保険料を積み立てていくもの。保険という名前ではありますが、戻り率の高い貯蓄と考えてもいいでしょう。また怪我や病気の際に保障を受けられるタイプにしておくと、万が一の時にも安心です。

住宅取得

30代の結婚とともに、マイホームを購入する方も多いのではないでしょうか?「団体信用生命保険」は、死亡や病気になって住宅ローンの返済が困難になった時、保険会社が残りのローンを肩代わりしてくれるという保険。残された家族はローン返済に苦しまず、そのまま同じ家に住み続けることができます。住宅ローンの契約時に加入が義務付けられている場合と、任意で入る場合とがあります。

老後

将来の年金の支給額に不安がある方は、「個人年金保険」がおすすめ。公的年金とは別に、民間の保険会社や銀行などで私的に加入する保険です。保険料は積立てていき、契約時に決めた時期で年金の受け取りを開始できます。

タイプには一定期間受け取れる「確定年金」と、生きている間はずっと受け取れる「終身年金」に分かれるので、老後のライフプランに合わせて選ぶ必要があります。

相談事例

更新するたび保険料が上がる?!
支払額はそのままで生涯保障に変更

自営業のIさん(33歳)は同い年の奥さんと、6歳・2歳のお子さんとの4人暮らし。
元々は10年毎に更新するタイプの保険に加入していましたが、保険料が値上がりするため、保険ショップへ見直しの相談へ。
保険ショップのスタッフが確認したところ、なんと、保障が受けられるのは80歳までだと判明。
国内の平均寿命が80歳を優に超えている中で、80歳以降の保障が受けられない状態でした。
加えて、6歳のお子さんのための学資保険には加入(全額払済み)しているものの、2歳のお子さんについては保険での準備ができていません。
現状加入している学資保険を切り崩すということも一つの方法ですが、何分、期間が短いため、充分な額とは言えない可能性があります。
現在はご両親からの援助を受けながらの生活をしているそうですが、今後の生活に不安を感じているため、万が一の保障を充実させたいという思いを汲み取り、Iさん夫妻と相談しつつ、数ある保険の中から最適と思われる保険をピックアップしました。

保険ショップからの提案

保険ショップが提案したのは以下の3つ。
まずは終身タイプの死亡保障。支払う額は上がりますが、一度加入したら保険料が変わらないため、トータルで見ると割安になります。
万が一の事があった際の保障としての活用はもちろん、貯蓄性が高く解約返戻率も良いので2歳のお子さんの教育資金にも充てられるというものです。
次に病気やケガをカバーする医療保険。毎月5,000円を60歳まで支払えば、その先の保証は一生涯。
万が一、三大疾病になってしまったらその時点で、保険料の支払いが不要になる特約付きです。
そして、万が一があった時に家族の生活を保障する収入保障。
下のお子さんが大学卒業を迎えるまでの期間、毎月2,540円を支払い続けることで、毎月一定額の給付金が受け取れるというものです。
元々加入していた保険は、死亡保障と医療保険がセットになっており、解約すると医療の出費をカバーできないため、収入保障と死亡保障に加えて、医療保険も提案することになりました。

相談事例まとめ

Iさんの住宅費や生活費はご両親の補助がある分、余裕のあるご家庭だったようですが、それでも抑えられる部分は抑えておき、今後の生活に役立てられる保険の組み換えができました。
今回はIさんが加入している保険のみを見直しましたが、今後は、更新型保険に加入している奥さんの保障も見直しす予定とのことです。

東京で保険相談サービスを探すなら
顧客満足度を見るべし!

本当に自分に合った保険を選ぶためには、良い保険を紹介・提案してくれる保険ショップへ行きましょう。
自社アンケートでの顧客満足度が高い保険ショップであれば、きっとピッタリな保険を見つけられるはず。
都内の保険ショップ27社を調べた中で、顧客満足度の高い3社を実際の提案内容で比較しています。