40代(既婚)

既婚40代に必要な保険とは

働き盛りで子どもがいる家庭も多い40代夫婦には、死亡時や重度の障害が残った場合に保険金がもらえる「死亡保険(生命保険)」が大事です。「一家の家計を支えているのが誰か」や「持ち家なのか、賃貸なのか」によって状況は変わってきますが、当面の生活費がカバーできるような保障内容を吟味しましょう。

病気や怪我などで入院・手術が必要となった場合に給付金が受け取れる「医療保険」は、公的保険制度の「高額療養費制度」「傷病手当(国民健康保険以外)」だけでは心配で、貯蓄が少ない場合に加入しておくと安心です。

40代での生命保険加入率は30代よりも少し増え、男性88.1%、女性87.1%。((参考:生命保険文化センター調べによる平成28年度の生活保障に関する調査 参照URL:http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/provision/8.html)
夫婦1人あたりの平均月払保険料は13,588円と、他の世代と比べ一番高額です。(参照サイト:保険市場 参照URL:https://www.hokende.com/life-insurance/age-household/40-couple)

また40歳になると義務付けられる「公的介護保険」は、社会全体で介護の助け合いをするというもの。すでに加入している健康保険と一緒に徴収されます。40歳から64歳までは、末期ガンを含む16種類の特定疾患に限り、介護保険サービスを利用することができます。

「遺族年金」は家族を養っていた人が亡くなった際に、生計を共にしていた家族が受けとることができる年金です。自営業(フリーランス)は「遺族基礎年金」のみですが、会社員はそれに加え「遺族厚生年金」ももらえます。

今後起こりうる主なライフイベント

養育費・教育費

晩婚化が進む現代では、40代でもまだ子どもが小さいという方も多いかと思います。そんな方にぜひ加入しておいて欲しい保険が、「収入保障保険」と「就業不能保険」。家計を支えていた大黒柱に万が一のことがあった場合、月々の給付金を受け取ることができます。「収入保障保険」は死亡時や重度の障害が残った場合、「就業不能保険」は長期にわたって療養が必要となった場合に適用されます。

「学資保険」は子どもの将来の学費を確保するための積立式保険で、分割して支払われるタイプと、大学進学まとめてのタイミングで受け取れるタイプがあります。親が死亡した場合、保険金支払い免除の上、満期保険金が受け取れるという特徴があります。

医療

40代半ばから少しずつではありますが、がんにかかる人は増加する傾向にあります。(参照サイト:国立がん研究センター 参照URL:https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html)

がんの治療は長期化することもある上、公的医療保険の適用外となる場合も。医療費と生活費を貯蓄からカバーすることが難しいかもしれない心配がある方は、がん保険の検討をおすすめします。契約内容は「定期型」と「終身型」があるので、年齢が上がりがんのリスクが高まる前に内容を理解しておきましょう。

老後

公的年金だけでは老後の生活に不安があるという方には、「個人年金保険」をプラスするのがおすすめ。「一定期間年金が受け取れる確定年金」、「生きている限り一生涯受け取れる終身年金」、「保険会社の運用により額が変わる変額個人年金」、「外貨で運用される変額の外貨建て年金」など、色々なタイプがあります。

40代(既婚)の相談事例

死亡保障が過剰?!
切り崩して老後資金へ変換

共に40代、ご夫婦二人で暮らしているWさんは、若いころに加入した保険を見直して、自分たちの老後資金を用意したいと、保険ショップに相談しました。
ご夫婦だけで暮らしており、お互いに現役で働いていますが、死亡時の保障が大きな定期付きの終身保険に加入しているWさん。
月々37,000円の保険料を支払い、死亡時に5,000万円、入院日額5,000円の保障を受けられるプランでした。
今のところ医療保障はありますが、更新の度に保険料が上昇していくことと、定年後しばらくしたら保障期間が終了してしまうことがネックと考えていたようです。
ご自身・奥様双方に、お子さんを授かるライフプランが無いため、削れるところは削って自分たちの老後に充てたいというニーズも抱えていました。
死亡保険の額を減らして、その分を医療保険や老後準備資金にするべく、保険ショップではこのように提案しました。

東京で保険相談サービスを探すなら
顧客満足度を見るべし!

本当に自分に合った保険を選ぶためには、良い保険を紹介・提案してくれる保険ショップへ行きましょう。
自社アンケートでの顧客満足度が高い保険ショップであれば、きっとピッタリな保険を見つけられるはず。
都内の保険ショップ27社を調べた中で、顧客満足度の高い3社を実際の提案内容で比較しています。