50代(独身)

50代独身に必要な保険とは

一般的に加入年齢が高くなると、保険料も高くなります。50代は老後と今の健康状態を踏まえて、保険について見直しをする必要があります。

50代の生命保険加入率は40代とさほど変わらず、男性87.8%、女性88.1%です。(参考:生命保険文化センター調べによる平成28年度の生活保障に関する調査 参照URL:http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/provision/8.html)
50代独身の平均月払保険料は、男性13,873円、女性12,418円と、40代と比べ僅かに減少しています。(参照サイト:保険市場 参照URL:https://www.hokende.com/life-insurance/age-household/50-single)

加入が義務付けられている公的保険制度では、一定額以上の高額な医療費がかかってしまった場合、超過分が支給される「高額療養費制度」が設けられています。また「傷病手当」は、長期間働けなくなってしまった時に、平均報酬月額の2/3を最長18ヶ月受け取ることができるというシステムで、国民健康保険以外の保険で適用可能。

また、40歳以上で加入の義務付けがされる「公的介護保険」は適用も40歳からとなり、国の定める16種類の疾患に限り、介護サービス費の支給を受けることができます。

今後起こりうる主なライフイベント

医療

がんにかかる人は、男女共50代から増加する傾向がありますが、特に男性は50代半ばからその増加率が急激に伸びます。(参照サイト:国立がん研究センター参考URL:https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html)

がんだけでなく病気にかかってしまった場合、医療保険に加入することが難しくなったり、一部保障外のメニューが出てくる可能性もあります。医療費・通院費・離職や休職をした際の生活費などを確保するためにも、早めにがん保険を検討することをおすすめします。

老後

公的年金だけでは退職後の生活が不安という方は、「個人年金保険」に加入するという方法もあります。指定した口座から自動的に保険料が引き落とされるシステムなので、貯金が苦手という方にもおすすめ。一定期間受け取れる・一生涯受け取れるなどさまざまなタイプがあるので、将来どの程度生活費が必要かを算出してから、自分に合ったものを選びましょう。

介護

50代は実際に親の介護を経てその大変さを知り、将来に備え始める人も多い世代です。「民間介護保険」は公的介護保険を補う役割があり、要介護状態になった時に給付金が受けられます。高齢者の数も年々増えてきており、そのサービスも多様化しているのも特徴。

貯蓄型は保険料が高くなりますが、介護保障以外に死亡保険金・年金等が受け取れる商品もあります。掛け捨て型は割安な保険料で加入しやすいのですが、介護保障のみという場合があるので、注意が必要。保険金の受け取り方や保険期間にも違いがあるので、いろいろ比べて自分に合ったプランを探しましょう。

東京で保険相談サービスを探すなら
顧客満足度を見るべし!

本当に自分に合った保険を選ぶためには、良い保険を紹介・提案してくれる保険ショップへ行きましょう。
自社アンケートでの顧客満足度が高い保険ショップであれば、きっとピッタリな保険を見つけられるはず。
都内の保険ショップ27社を調べた中で、顧客満足度の高い3社を実際の提案内容で比較しています。