ほけん百花

ほけん百花の口コミ

細かいところまで説明してくれた

各商品の細かいところを説明していただき、とても分かりやすかったです。
説明を受けた後、自分でも他の保険を調べてみましたが、こちらですすめていただいた保険の内容が一番良かったように思います。

引用元:ほけん百花 URL:https://www.hokenhyakka.com/voice/
疑問が解決できる場所

内容について納得できるまで何度も説明していただけて大変助かりました。
いつも温かい飲み物 をいただけてうれしかったです。
今後、疑問点がでてきた際に解決できる場所ができたことに対する安心感は計り知れません。

引用元:ほけん百花 URL:https://www.hokenhyakka.com/voice/
子連れに優しい

窓口来店の時3歳の娘と2人で来店でしたが、私が保険の説明を聞いてる間は、他のスタッフがずっと遊んでくださり、ゆっくり私も話しが聞け、また、加入申し込みの間もずっと娘の面倒みてもらい、スムーズに手続きが出来ました。

引用元:みん票 URL:https://minhyo.jp/hoken-hyakka

ほけん百花の特徴

女性に優しい来店型保険ショップ

店舗は関東・関西・愛知県に70店舗以上。
駅の近くやショッピングセンターといった便利な場所に店舗があり、夜までオープンしているため、仕事帰りや買い物の合間に立ち寄れるといった便利な面も。
平日だけでなく土日祝も開いているので、思い立ったらすぐに相談できるお店です。
また、スタッフの大半が女性なので、男性には話しにくい女性特有の病歴や悩みも気軽に相談できるといった、女性に優しい面も。

アフターサービスもバッチリ

複数の保険に加入すると、生命保険や損害保険がわかるように一覧表として作成。
加入後は定期的にショートメッセージや電話、ダイレクトメールで、住所変更や給付金請求等のお手続き漏れがないかどうかの確認してくれますので、時間の経過とともにわからなくなることもありません。

資料送付も受付

保険相談の予約は、フリーダイヤルもしくは24時間受付のインターネットから。
予約なしでも相談できますが、予約優先となるため事前予約しておいたほうがスムーズです。
多くの店舗にはキッズスペースやアニメのDVDが用意されているので、子ども連れでもOK。
来店できない場合は、パンフレットなどの資料を送付してもらうこともできます。

ほけん百花にできること

お客さま満足度で99.4%を記録した「ほけん百花」では、保険選びに際して、プロのスタッフによる要望や不安のヒアリング、保険選びに必要な情報の提示、ライフプランに沿った全ての保険商品を案内してもらえます。

相談・見積もりは何度でも無料なので、納得いくまで検討できるのが魅力ポイントです。

また、当店のスタッフはほとんど女性であり、女性特有の病歴や悩みを相談できるのも好材料でしょう。平日はもちろん、土日祝日も夜まで開店しています。

ほけん百花の東京の店舗一覧

ほけん百花
八重洲地下街店

所在地 東京都中央区八重洲2-1
八重洲地下街中3号
アクセス JR東京駅
徒歩3分
営業時間 10:00~20:00

ほけん百花
汐留シティセンター店

所在地 東京都港区東新橋1-5-2
汐留シティセンターB2F
アクセス 都営大江戸線汐留駅
徒歩1分
営業時間 11:00~20:00(平日)
10:30~19:00(土日祝)

ほけん百花
赤羽アピレ店

所在地 東京都北区赤羽西1-5-1
赤羽アピレ2F
アクセス JR赤羽駅
徒歩1分
営業時間 10:00~21:00

ほけん百花で保険相談を体験

自分の大事な家族の生活を保障する保険を選ぶために、顧客満足度の高い保険ショップで相談してきました。
今回は「顧客満足度96.2%(2018年4月~2019年3月)」を公式サイトで謳う、ほけん百花。提案された内容や対応についてレポートします。

駅地下の商店街で保険相談

公式サイトからうまく予約できなかったため、店舗へ直接電話。通勤途中によりやすい八重洲地下街にある店舗を予約しました。
初めて相談する人が電話することが少ないのか、2回目の相談と勘違いされたものの、しっかり訂正して、平日夜の時間帯を押さえてもらいました。

ガツガツ系の女性管理職が対応

八重洲地下街の一画にある店舗へ行くと、対応してくれたのはベテランの女性スタッフ。
名刺を見ると、その店舗の責任ある立場の人でした。
会社の説明は一切なく、席についてすぐ保険の説明が始まりました。

次から次へと保険を紹介

「家族の安心に備えるためには保険を有効活用しましょう」という言葉と共に、いくつかの保険のパンフレットを見ながら、備えるべきトラブルのうち、就業保障を中心にプランニングをしてくれました。
ただ、お店の場所が地下商店街の中にあり、お店の内外が遮られていないため、後ろを人が通る気配に気を取られ、いくつか説明を聞き逃したことがありました。

提案されたのは3種6商品

矢継ぎ早に保険の紹介を聞きながらも、所々で我が家の収支状況などをヒアリングし、手元のメモパッドを使って必要額をざっくり手計算。
必要額のうち、もしもの時のために備える分と、自分の老後に必要な資金を分けて考えるべき、と教えてもらいました。
最終的に提案された保険は終身保険が2つ、掛け捨ての収入保障が1つ、終身タイプの収入保障が1つ、年金保険が2つという結果でした。

提案された保険その1
約850万円の終身保険

ほけん百花の提案書_終身保険

まず提案されたのはいずれもドル建ての終身保険。保障額はどちらも7万8,000ドル(1ドル=109円で計算すると約850万円)に設定されており、支払額もほぼ同額の約3万円。
何事もなければ80歳時点で受け取れる金額としては、片方が約864万円、もう片方が約684万円という設定でした。
支払額が変わらないのに、受け取れる額がここまで異なる理由としては、保険会社ごとに運用利率が違うため。
将来受け取れる金額だけを考えれば前者を選ぶべきですが、後者の保険は加入後10年以内の解約返戻率が高く、保険の組み換えを考えるのであれば、検討してみても良い保険、とのことでした。

提案された保険その2
掛け捨て・終身それぞれの収入保障

ほけん百花の提案書_収入保障
月々1,830円で最大1,740万円の掛け捨てタイプ

次に提案されたのは収入保障保険。ここでも当然のように掛け捨てから提案されました。
内容としては月々1,830円の支払いで、最大1,740万円の保障が受けられるというもの。
この保険の特徴は、私と妻に同じ原因・同時に不慮の事故にあったときに、子どもへ支払われる保険金が割り増しされること。
あまり考えたくはないですが、家族旅行に出かけて子どもだけが助かったケースで適応されるそうです。
かなり魅力的に感じましたが、掛け捨てに抵抗がある私。終身タイプで同じような保険が無いか聞いてみました。

月々約7,700円で約327万円の終身タイプ

「あまりお勧めはしませんが」という言葉と共に出されたのは、終身タイプの収入保障保険。
国内の低金利政策が影響してか、ドル建てのものでした。
こちらは何事もなければ老後資金にも使える保険ですが、支払金額に対しての保障に物足りなさを感じました。
この点から、掛け捨てによる備えも重要だと気付きました。

提案された保険その3
2種類の年金保険

ほけん百花の提案書_年金保険

最後に提案されたのは、年金の不足分を補うための保険。片方はドル建ての年金保険、もう片方は投資信託による運用を行なう変額保険でした。

月々7,000円で約230万円の
年金保険

まずは米国債での運用で資金を増やしていくタイプの保険。
死亡時の保障も付いているので、ある程度高齢になってから死亡した場合の葬儀代としての意味合いも持っています。

標準利率運用時なら
月々5,560円で236万円の変額保険

次に提案されたのは、投資信託による運用を目的とした変額保険。
その時々の株価によって運用額が増減するもので、国債で運用するタイプの保険よりも、元本割れのリスクが高い保険です。
ただ、過去20年の実績を見ると、リーマンショックなどの一部を除いてはおおむね増益傾向にあるという説明を受けました。
また、払込期間終了後に「貯めておく」のではなく、解約してしまうことで、不必要なリスクを負うこともなくなるという話でした。

スタッフさんの対応
「何か違う」と思ったら
即座に別商品を提案

対応してくれたスタッフさんは、お店の責任ある立場のベテランさん。
かなりグイグイ来られて最初は戸惑いましたが、出されたものに違和感があるそぶりを見せただけで、「ではこちらは?」とすぐに別の保険の資料を提示してくれるので、売り込まれている感じはそれほどありませんでした。
時期的なものもあるかもしれませんが、保険に入る目的に「控除の有効活用」を挙げた点が少し気になりました。
生命保険・医療保険に加えて、年金保険に加入して、目いっぱい、保険料控除の恩恵を受けるべき、と説明されましたが、そもそも、もしもの蓄えとして保険を検討しているのに、控除を使えるから、と家計に負担をかけてまで更なる保険に入るつもりはなかったので、その点が少し残念です。

色々な保険を見られた反面
やや強引な提案があった

保険相談に行った3社のうち、提案された保険はもちろん、紹介された保険が最も多かったほけん百花。
それだけに、収支のヒアリングが紹介のついでに感じられた点や、控除のために保険に入るという説明、かなりざっくりした試算が、個人的には気になるポイントでした。
ただ、同じ保障内容でも支払金額が違ったり、給付金額が違ったりと保険会社ごとに設定が微妙に違うことが分かったので、自分でそれぞれの保険の差がある程度わかる人には、あっている保険ショップかもしれません。

東京で保険相談サービスを探すなら
顧客満足度を見るべし!

本当に自分に合った保険を選ぶためには、良い保険を紹介・提案してくれる保険ショップへ行きましょう。
自社アンケートでの顧客満足度が高い保険ショップであれば、きっとピッタリな保険を見つけられるはず。
都内の保険ショップ27社を調べた中で、顧客満足度の高い3社を実際の提案内容で比較しています。